暗号通貨用の多通貨ウォレットBlockchain Online Create

多機能プラ
ットフォーム

EDCブロックチェーンは世界的なプラットフォームです。それは独自の暗号通貨を持ち、既製のブロックチェーンソリューションをビジネスに提供します。

EDCブロックチェーンに関する三つ事実があります。

  • 2015年以来の市場でのプロジェクトです。
  • EDCコインは57カ国の人々によって使用されています。
  • 私たちのコミュニティは、1,000,000人を超えるアクティブユーザーで構成されています。 なぜたくさんの人に信頼されているのでしょうか?

EDCブロックチェーンプラットフォームは、あらゆるアイデアを実行する、可能性の複合体だからです。

Scroll

プラットフォーム の利点

  • 世界の市場に取引する EDC暗号通貨は、Bit-z、DigiFinex、Idax、Yobitなどの主要な取引所で発表されています。
  • LPoSマイニングアルゴリズムに基づく マスターノードは暗号通貨を遠隔でマイニングするため、コンピュータの電力を消費することはありませんが、EDCウォレットの運用初日から利益を得ることができます。
  • グラフェンプロトコル 複数のトークンを扱うときには、高速トランザクション、安価な手数料、マルチタスクが提供されます。

私たちのサービス

  • デジタル資産を扱います (発行、管理、保管、取引)
  • 多通貨ウォレット 安全便利で高速です。
  • ブロックチェーンに基づいたデジタル通貨作成のためのパッケージソリューション ビジネスのトークナイゼーション、投資の誘致、商品やサービスの支払い、および支払いプログラムに適用されます
  • プロジェクトのマーケティングサポート メディアであなたのプロジェクトを宣伝し、さまざまな広告チャンネルを扱います。コンテンツ制作と販売促進です。
  • ブロックチェーンプロジェクトの 開発、およびあらゆる要件に対するスマートコントラクトの開発と実装

将来の目標

  • すべてのOS用のEDCブロックチェーンアプリケーションを立ち上げます。
  • グローバルブロックチェーンアグリゲータ、すなわち既存のブロックチェーンのいずれかに基づくデジタル資産作成を単純化するプラットフォームを作成します。
  • ブロックチェーンに基づいた高速で安全な分散型暗号通貨取引の作成します。
  • プロジェクトやベンチャー企業への投資を集めるためのブロックチェーンに基づくクラウドファンディングプラットフォームを作成します。
  • EDCブロックチェーンコミュニティ全体へのブロックチェーンに基づいたグローバルP2P市場を作成します。

アップデートされたウォレット

EDCブロックチェーンウォレットをアップデートし、シンプルインターフェースの多目的ツールに変えました。

ウォレットの特徴

  • EDCブロックチェーンで発行されたトークンを保存する機能
  • 多通貨サポート
  • すべてのプラットフォームとブラウザにおけるアクセシビリティ
  • 高速で安全な取引
  • ウォレットから直接マイニングするためにマスターノードにコインをリースする機能
ウォレットへ

簡単で便利なマイニング

EDC暗号通貨マイニングは、LPoS(Leased-proof-of-Stake)アルゴリズムとマスターノードを使用して実行されます。

マスターノードは、ユーザーがコインを提供して、ノードがEDCをマイニングできるようにするある種の基金です。

Yコンピュータの電源を入れたままにしておく必要はなく、操作をする必要もありません。あなたは簡単にコインをリースして、マイニングされたEDCをウォレットに毎日受け取ることができます。

マスターノードに関する詳細情報

EDCブロックチェーンのコインコンストラクタ

独自の暗号通貨を作りたいですか?あなたはEDCブロックチェーンプラットフォーム上でそれができます。あなたはEDCブロックチェーンプラットフォーム上でそれができます。

パワフルなコンピュータ設備や、プログラマの尽力、ホスティングの購入は必要はありません。プラットフォームは、複雑なプログラミングも含めて、これらすべてをあなたのために行います。カスタム設定を確認するだけで始められます!

コンストラクタに関する詳細情報
Road map
November-December 2019
Crowdfunding platform launch
On the platform, entrepreneurs from the community will be able to exhibit their business projects and conduct a crowdfunding program, using the coin constructor to create a token for their own project, to expand and scale their projects
atom
February 2020
New website EDC blockchain
New modern multi-functional web portal for access to all EDC Blockchain services
atom
March 2020
New support bot AI
Implementing AI support bot to help users and track community needs
atom
June 2020
The platform for your own marketing campaigns
Launch of a general marketing platform that will allow conducting marketing campaigns for each business project provided by the community and attracting the target audience to these projects to increase the turnover of goods and the consumption of services
atom
September 2020
Discount platform for the EDC community
Launch of a common discounts platform and loyalty for representatives of business projects within the community. The introduction of a single bonus unit EDC in the turnover between entrepreneurs of the community
atom
Октябрь 2020
Expanding the functionality of an AI assistant
Extension of AI bot function on the loyalty platform
atom
March 2021
Smart contract constructor
Launch of the smart contract constructor for international trade and economic activity
atom
June 2021
Exchange online platform
Built platform for the exchange goods and services within the community using EDC coins. More than 1 million representatives of small and medium-sized businesses in one ecosystem
atom
August 2021
Mutual lending platform
Launching a mutual lending program in goods and services using the smart contract constructor
atom
October 2021
Charity program
Launch of the EDC blockchain Charity Program - automatic deduction through smart contracts
atom
Partners
Project Advisors
image
image
image

Sydney Ifergan

ジョージ・ハン 現在ザ・ディール・メーカーズの主要人物です。この会社は、ICO問題および自己資本調達について企業への助言を行なっています。このプラットフォームを通じて、彼は、熱心な創設者によって運営されている質の高いビジネスと真面目な投資家を結びつけ、業界で破壊的な勝者を生み出すことを望んでいます。 ジョージ・ハンはシンガポールに住んでおり、世界で最も優れた教育機関の1つ、シンガポール国立大学を卒業しました。ハル大学で経営学修士を取得しました。 2018年、ハンはICOに関して首尾よく20社に助言し、マーケティングおよび投資戦略に取り組みました。ジョージ・ハンはキャリアの中で首尾よく500人以上の会社と協力し、80のテクノロジースタートアップの開発に参加しました。Edinarcoinチームにジョージの目標は、戦略を策定し、ビジョンを実現するための資金を調達することです。

Young K Choe

Young K ChoeはCrypto Valley LabのCEOであり、ブロックチェーン・ソリューション、人工知能、分散型金融の開発を専門としています。また、DeFiとサイバーセキュリティーを専門とする3KファイナンスのCSOでもあります。米国在住で、ノースカロライナ大学でコンピューターサイエンスの学位を取得し、韓国の延世大学の教授でもあります。Young Choeは、NVIDIA、Samsung Electronics、SK Hynix、BMC Software、3K softwareなど、多くの大手テクノロジ企業で幹部経験があります。また、暗号投資やICOの分野で幅広い経験を持ち、ICObenchのエキスパート、Open Source Software Foundationのディレクター、雑誌「ブロックチェーン・トゥデイ」の編集者でもあります。

George Han

シドニー・イフェルガン コンピュータサイエンスの学位を持っております。シドニーは20年以上の商業経験があります。彼は最近10年間、オンラインマーケティングの分野で働いております。大規模な証券会社のCMOでした。近年、彼は世界中の様々な証券会社のオンラインマーケティングや業績を改善するための技術の活用についてコンサルタントをしています。
上へ