EDC Blockchain FAQ jp – EDC Blockchain

F.A.Q.

EDCブロックチェーンは何ですか?

EDCは単なる暗号通貨ではありません。選択されたパッケージの枠組み内で、ベンチャー企業やビジネスのために暗号通貨作成の能力を提供するユーザーにとって多くの利点を持つ多機能プラットフォームです。業界におけるEDCブロックチェーンの影響力の高まりに関心を持つ新規ベンチャーキャピタル投資家トラストが、プロジェクトの開発に積極的に関与しています。そこは積極的に東南アジア(特に中国)、ラテンアメリカ、ヨーロッパの市場に焦点を当てています。

EDC ブロックチェーンが何のために使われますか?

私たちの目標は、EDCを基盤とした世界中の商品やサービスの交換や、コミュニティのインフラ開発への投資を得るツールとして、中小企業のトークナイゼーションのための使いやすいシステムを作ることです。コインのコンストラクタはプラットホームによって提供される主力製品の1つです。暗号通貨を作成するためのパッケージソリューションは、まさに市場がいま必要としているものであることが分かりました。一方、STOの管理運営、プロジェクトのマーケティング活動、パートナー取引所への上場などの追加サービスは、業界全体にとっても独特です。要望に応じて、販売促進、広告サービス、およびプロジェクトのための完全なマーケティングサポートを受けることが可能です。 EDCブロックチェーンは、暗号通貨、マーケティング、および広告業界の分野で幅広い経験を持つ専門家のチームです。

EDC ブロックチェーンの利点は何ですか?

● Grapheneテクノロジによる最速のトランザクション
● EDC暗号通貨マイニングは、LPoSアルゴリズム(Leased-Proof-of-Steak)で動作する
● コンストラクタを使用してベンチャー企業を立ち上げたり、自分のビジネスを発展させてコインを作成する機能
● コインをマスターノードにリースしてマイニングに参加し、ボーナスを受け取る機会
● EDCブロックチェーンは積極的に先進技術を導入しており、ブロックチェーンベースの製品を誰でも利用できるようにしている

EDC ブロックチェーンはどのような技術に基づいているか?

EDC ブロックチェーンは グラフェンプロトコルを使用します。これにより、毎秒最大100,000のトランザクションを実行し、同時に複数のトークンを処理しながら、3秒ごとに新しいブロックを形成することができます。

EDC ブロックチェーンはどのような技術に基づいているか?

EDC ブロックチェーンは グラフェンプロトコルを使用します。これにより、毎秒最大100,000のトランザクションを実行し、同時に複数のトークンを処理しながら、3秒ごとに新しいブロックを形成することができます。

EDCブロックチェーンプラットフォームに基づくコインのコンストラクタとは?

コインコンストラクタは、低回転の単純なトークンから、LPoSマイニングアルゴリズムに基づく高機能を備えた本格的な暗号通貨まで、新しい暗号通貨の作成に役立ちます。グローバルなEDCブロックチェーンプラットフォームの助力により、あなたは自身のビジネスの管理運営、ベンチャー企業の開発、そして新しいハイテクプロジェクトの立ち上げなどと同様に、新しい暗号通貨を作成することができます。特別なコードでデジタル資産を確実に保護できるため、強力なコンピューティングテクノロジはもはや不要です。投資家は「クライアント」とウォレットを利用して通貨に自由にアクセスできます。 EDCブロックチェーンプラットフォームで作られた資産は、恒久資産として取引または保存できます。

暗号通貨作成のための既製パッケージソリューションとは?

このプラットフォームは、暗号通貨作成のための既製パッケージソリューションをユーザーに提供します。予算に応じて、ベーシック、プラス、プレミアムのいずれかのパッケージを選択できます。 ● ベーシック コインを作り、シンボルと説明を付与できます。このパッケージに含まれる特性により、わずかな売上高のためのトークンか、名目上のトークンを作成することが可能になります。 ● プラス シンボルや説明のように、放出数、プリマインニグ、コインの特性設定の変更の機会を与えます。 ● プレミアム あなたは、PoSマイニングアルゴリズムを使って本格的な暗号通貨を作成し、すべての特性を完全に設定し、必要なすべてのパラメータを設定する機会を得ます。これは重要なプロジェクトのための高度なソリューションです。

LPoSマイニング方式が選択されたのはなぜか?

EDCブロックチェーンプラットフォームでは、ハイブリッドLPoSアルゴリズム(Leased Proof of Stake)、すなわち「所有権のリース証明」が機能します。このコンセンサスメカニズムには大きな利点があります。たとえば、スタックに関係なく、ネットワークの保護に取り組むようすべてのユーザーを集め、各参加者が貢献に比例して取り分を得るときに、公平に報酬を分配します。これは、少数コインの所有者にとっても、ボーナスを得る絶好の機会です。このアルゴリズムの本質は、少量の暗号通貨所有者が本格的なノードにコインを貸す一方で、ノードがブロックを形成するため、所有者は全体の報酬のうちから取り分を得ることです。この原理は、現在ほとんどのビットコインネットワーク全体にサービスを提供しているマイニングプールと似ています。ネットワークメンバーの入会と刺激が少ないため、そのセキュリティレベルも向上します。 EDCブロックチェーンプラットフォームは、マイニングアルゴリズムをLPoSアルゴリズムに切り替えている数少ない先駆者の1つです。すべてのコインホルダーはマスターノードに併合されます。

どうやってEDCマイニングに参加する?

EDCブロックチェーンプラットフォームでマイニングを開始するには、大量のコインプールが集められているマスターノードにコインを提供する必要があります。マスターノードはマイニングを開始し、ユーザーの貢献に応じて自動的にユーザー間でボーナスを分配します。あなたは3、6、12ヶ月間のマイニングプログラムを選択することができます。

マスターノードは何ですか

マスターノードは、ユーザーがコインを提供して、ノードがEDCをマイニングできるようにするある種の基金です。ノードがマスターノードになるには、一定量のコインを収集する必要があります。これは、新しいコインを作成するマイニングプロセスを開始するために一定期間読み取られます。これはどのようなものか?マスターノードは、EDCウォレットが実行されているネットワーク化されたコンピュータで、コインの数を読み取り、InstantSendトランザクションの即時確認やネットワーク投票の確保などの重要な機能を実装するときにネットワークセキュリティを提供します。このようにして、最初のマスターノードが形成され、リースに受け入れられます。コインは、それぞれ3ヶ月から12ヶ月までのさまざまな期間で取得されます。リース中のコインの数とリース期間によって、公開される料金は異なります。したがって、誰もが自分のプールを編成してマスターノードの所有者になることができます。特にユーザーのために、私たちはいくつかの異なる期間のコインセットをリースする機会を提供しています。私たちはマイニングプロセスをできるだけ簡単にします。あなたがコインをリースするならば、あなたは個人口座を開いたまま毎日の取引を行う必要はありません。あなたは自動的にEDCウォレットに毎日の利子を受け取ります。そしてこれらのコインを自由に処理することができます。

EDC暗号通貨の問題とは?

EDCコインの数は1,000億個に制限されています。最後のEDCコインは2040年1月1日に生産され、それはコインの不足を招き、それによって流動性が高まり、暗号通貨レートの上昇に直接影響を与えるため、コインの排出はマイニングアルゴリズムによって自動的に削減されます。そのような変化はEDCブロックチェーンコミュニティ全体の利益のために働くでしょう。

実業界においてEDCはどのような機会を提供するか。

現在までに、EDCコミュニティは100万ユーザーを超えていて、暗号通貨は57カ国の人々によって使用されています。近い将来、EDCコインの統合は、世界中の多数の小売窓口や、EDCプラットフォームの拡大するコミュニティのための先進市場でも実施される予定です。スマートコントラクトを使用したブロックチェーン技術に基づく、マルチユーザーオンライン取引システムになります。

上へ