中国は始まりに過ぎません。世界中で採掘が禁止されている場合はどうすればいいでしょうか? |
11045

中国は始まりに過ぎません。世界中で採掘が禁止されている場合はどうすればいいでしょうか?

マイナーズ。暗号通貨エコシステムの主要コンポーネントの1つです。彼らは、最初の暗号通貨発行だけでなく、51%の攻撃に対する抵抗を含む、ネットワークセキュリティにも責任を負っています。

現在、マイナーズたちは非合法化される危険にさらされています。

中国国家発展改革委員会(NDRC)は、政府が支援、制限、禁止する必要がある産業を概説した法案を発表しました。 この文書で暗号通貨をマイニングすることは「望ましくない産業」と呼ばれ、禁止することを提案しています。

未来のマイニングを待っているのは何なのでしょうか?

中国の出来事を公平に見てみましょう

ご存じのように、中国人民銀行は最初にICOを禁止し、それから暗号通貨との取引を禁止しました。それ以来、88の暗号通貨取引所が国内で閉鎖され、85のICOが停止されました。

次は第2の打撃。当局者らは、マイニングを「望ましくない産業」とし、禁止することを提案しました。彼らの意見では、暗号通貨の採掘は「安全ではない生産、リソースの過剰使用と相まった、環境への悪影響」です。

中国は世界の暗号通貨の重要な市場の一つと認識されており、世界のマイニング能力の80%が国内にあります。これは、暗号通貨を採掘するデバイスの主要メーカーと地理的に近接しており、電気料金が安いことによって促進されます。膨大な数の施設が水力資源に富む中国南東部地域に集中しています。

現在、多くの中国企業が、よりマイニングに誠実な他の国での操業開始を検討しています。このリストには、アメリカ、アイスランド、ノルウェー、ロシアが含まれています。

ただし、その国の各管轄区域にはそれぞれ独自の落とし穴があります。たとえば、昨年のノルウェーでは、地方自治体といずれかのマイニング施設との間で対立がありました。当局者によると、この施設には必要な許可証がありませんでした。さらに、ある地域住民は、(彼の意見によると)騒音が多い会社を廃止すると約束しました。数ヵ月後、その国の当局はマイニング労働者から特権を奪い、はるかに高い料金で電気代を支払うことを義務づけました。

一般的に、ノルウェーのような多くの国はマイニングに関与することを望みません。暗号通貨が金融界で重要な地位を占めているため、マイニングは経済全般に悪影響を及ぼすという一連の出来事が中国でも起こりました。

そのため、世界の多くの国でマイニングが非合法化されるのは時間の問題だという小さな現実を確認してください。

EDCマスターノードでのマイニングは合法であり、有益です。

開発中のイベントに関連して、マスターノードでのマイニングは市場ではユニークな解決策です。マスターノードはある種のファンドで、ユーザが自分のコインを寄付することで、ノードがEDCをマイニングし、ファンドの全参加者に利益をもたらすことを可能にします。コインの量を把握し、取引の即時確認やネットワーク投票の確保など重要な機能の実装におけるネットワーク・セキュリティを実現します。

EDCコインマイニングは可能な限りシンプルで効果的で、マスターノードのリースにコインを貸すだけです。個人口座を開いたままにしておく必要はなく、リソースを浪費し、日常的な取引を行う必要もありません。マスターノードはマイニングを開始し、ユーザーの貢献度に応じて自動的に利益を分配します。その結果、誰もがその貢献に応じた取り分を得ることになり、コインの少数所有者にとっても安定した利益を得ることができる大きな機会となります。

それと同時に、あなたは自動的かつ保証されたEDCウォレットで毎日のボーナスを受け取り、それらを適切に処理するでしょう。

すべてのメリットじゃない!

中国当局のマイニング禁止の決定は完全に正当化されます。世界経済の不均衡に加え、51%という数字も考慮されるべきです。結局のところ、このような演算能力の比率を持つことで、ユーザーはコインの履歴を自分で書き直すことができます。億万長者がスーパーコンピュータを購入し、それに発電所を接続し、暗号通貨を使って何でも好きなことをすると想像してみてください。これは、暗号通貨が世界レベルになったときに可能なのでしょうか?

私たちはこの問題に対する代替解決策を探しています。しかし私たちの意見では、マスターノードでのマイニングすることは、利便性、収益性および信頼性であり、それ以上にはなり得ません。

上へ